ハリーポッターでの人気スポーツ「クィディッチ」が現実のスポーツに?!ルールは?日本のチームもあった!

こんにちは。にこです^^

世界で知らない人はいないほどと思われる

『ハリーポッター』シリーズ。

その中に出てくる主人公などが励むスポーツ

『クィディッチ』が現実世界でプレイされているんです。

世界各地でチームでき、

ワールドカップも開かれるほど

そんなクィディッチについて

ルールや日本のチームはいるのかを

見ていきましょう!(^^)!

クィディッチとは?

ハリーポッターの劇中に出た、

魔法界でのスポーツのことです。

魔法の空飛ぶホウキにまたがって

「スニッチ」という小さな金色のボールを

獲得するゲームです。

魔法界では誰もが知っている

人気のスポーツなんです。

劇中ではハリーがスニッチを追いかけて

雲の上まで飛んで行ったり、

ホウキに足だけかけたまま宙ぶらりんになったり

したシーンが印象的でした^^

見ている側もハラハラさせられる

スポーツだなーと思います☆

それが、現実世界でスポーツとなってプレーされているんです!

クィディッチのチーム編成

ハリーポッターの世界のように、

私たちは空を飛べないので

(飛べる方いたらすみませんw)

陸上で行われます。

男女混合の7人チームでプレーされます。

シーカー1人

ビーター2人

チェイサー3人

キーパー1人

で構成されています。

シーカー

スニッチを捕まえること

スニッチとは、劇中では羽の生えた金色のボールでしたが、

現実世界では、黄色いタグを腰に付けた人(第三者)がフィールドで逃げ回ります。

そのスニッチ(人)を獲得するんですって。

スニッチ、、大変そう、、、、(笑)

ビーター

ブラッジャーという赤いボールを使って

相手プレイヤーを妨害すること

ブラッジャーとは、劇中では進路予想不可能の

暴れん坊のボールでしたが、現実世界では少し空気の抜けたドッジボールを使用します。

これがフィールド内に3個あるんですって。こわっ

チェイサー

クワッフル(白いボール)を相手の輪(フープ)に入れ、

得点を獲得すること

クワッフルとは、少し空気の抜けたソフトバレーボールを使用します。

空気が抜けているのは、片手でつかみやすくするためだとか。

キーパー

読んで字のごとく相手からのシュートを守る守護神です。

自陣にある輪(フープ)にクワッフル(白いボール)を入れられないように

阻止する役割です。

国際クィディッチ協会によると

クィディッチとは「ラグビー、ドッジボール、かくれんぼ、鬼ごっこを混ぜ合わせたような競技」

としています。

なんともまあ休む間もないような

動き続けるようなスポーツなんでしょうね(;・∀・)

クィディッチのルール

クィディッチにはいくつかの決まりごとがあります。

  • ホウキにまたがったままプレーする
  • 基本的に片手でプレーする

そう、ハリーポッターではホウキにまたがって

クィディッチをしていました。

その原作のイメージを大切にしているのでしょうか?

片手でホウキを持ちながらのスポーツ、

なかなか簡単にできることではないですよね( ;∀;)

  • 試合終了はスニッチを捕まえた時点。
    おおよそ30~40分程度で終了することが多いが
    それ以上になる可能性もあります。
  • ブラッジャーに当てられたら「ノックアウト」となり、
    自陣のフープに戻ってタッチしてからプレー再開する。
  • 肩から膝の間でのタックルはOK!
    しかし、すべて相手の正面からのみです。
  • 危険行為はカードが与えられます
    軽度のファウルにも「ブルーカード」が出されるそうです。

クィディッチ、日本にチームはある?

欧米を中心に世界40カ国でプレーされているクィディッチ。

日本にもチームはありました。

日本クィディッチ協会というところで

毎月練習会もしているそう。

全日本選手権の開催も決定されているということで、

世界に向けて日本のチームも盛り上がっているんですね!!

体験会もあるそうなので、

気になる方は検索してみてください( *´艸`)

クィディッチまとめ

  • 人気作「ハリーポッター」の魔法界のスポーツを現実世界でプレーされている
  • 2種類のボールと、擬人化されたスニッチを使用してゲームする
  • ゲームのポイントはホウキにまたがったままプレーすること
  • 日本のチームもあり、練習に励んでいる

世界で見ると、まだマイナーなスポーツらしいのですが、

実際にクィディッチを体験してみると、

はまる方も多いよう。

男女混合となっておりますが、

公式HPには、

性別は各人の認識する性別に準ずる

とされていました。

このようなジェンダーレスな考えからも

このスポーツのイメージがわいてきますよね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする