あの豆椅子の音を消す方法

こんにちは。にこです^^

我が家は座卓で食事をしています。

大人は正座やあぐらでちょうどいいのですが

まだ背丈が低いわが子には豆椅子に座ってもらい

ミニテーブルのようにして食べています。

この豆椅子。

サイズ感や価格がかわいくて購入したのですが

座るたびになる

ピ~~~~~

ピ~~~~~~~

結構大きな音しますよね?(笑)

あの音がなんだか気になって気になって、、、、

というわけで調べると出てきました!

『豆椅子の音の消し方』

早速実践したので書いていきますね!

豆椅子の音の消し方

用意するものは

・豆椅子

・マイナスドライバー

↑鳴き笛をかましてとるのに使うので、

頑丈で先が平らなものだと何でも行けると思います。

取り方は簡単♪

①背面にある鳴き笛を探します

②鳴き笛を椅子の隙間にドライバーをつっこんで

かましてとります。

③こんな感じのものが出てきました。

④この筒の中の羽のようなものをとります。

※細いドライバーを使って押し出してとりました。

つまようじとかでもいけるかも!?

⑤羽のようなものを外した筒をもとの穴に戻します。

これで終わりです!!

とっても簡単ですよね?!!

余談:高さ調節に牛乳パック!?

我が子と机のサイズ感がまだあっていないようで

少し机が高い、、

でも豆椅子は高さ調節できない、、、

というときに思い浮かんだのが

牛乳パック(笑)

牛乳パックでどうするの?

よく牛乳パックで椅子を作っている人、いてますよね?

あんな感じで牛乳パックを頑丈にして

いくつかをつなぎ合わせて

よくある高さ調節のクッションのように作っていました。

でもそのままでは固いし座り心地は、、

考えるだけでわかりますよね。

そこでカバーを兼ねて百均のレジャーシートを

巻き巻き。(子の好きなキャラクターを選びました)

その上にも座布団

それでも高さが合わなかったので

これまた百均の子ども用座布団を重ねました。

椅子に直接つけられるし、

汚れたら洗ったらいいし百円なら

汚れたとしても気にならない価格。

段々と背が伸びてきたので

牛乳パックのクッション(固いのにクッションて言っていいのか?w)は

処分して今は座布団だけで使用しています。

工夫次第で何ともなる(笑)

今回は、豆椅子の音を消してみました。

将来、マイホームを建てる予定(未定)をしているので、

余計なものは持ちたくなく、かつ、生活できるように

安価なもので最低限のものをそろえたく、子どもには豆椅子を使ってもらっています。

高さが合わないから、高さ調節のできるものにしよう。

大きくなっても使えるように木製のしっかりとしたつくりのものにしよう。

とも考えがよぎったのですが、

牛乳パックで高さ問題はクリアできるし、

大きくなっても座れる大きさやし、、(私のお尻でギリ入りましたw)

てな感じで豆椅子、愛用していきます^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする