イタリアのイルヴォーロのメンバーや意味は?羽生結弦がノッテステラータを使用!

こんにちは!にこです。

Mステでも話題になった

イタリアのイケメンオペラ歌手のユニット

『イルヴォーロ』

3人組なのですがみなさんイケメンすぎる!!!

あのフィギアスケーターの羽生結弦選手が

シーズンエキシビジョンでこのイルヴォーロの楽曲を

使用したことでも話題となりました。

そんなイケメンなイルヴォーロ。

イルヴォーロの意味やメンバーを調べました♪

スポンサーリンク

イルヴォーロのメンバーwiki風プロフィール

引用元:https://www.sonymusic.co.jp/artist/ilvolo/profile/

イケメンメンバーを一人一人プロフィールと一緒に見ていきましょう☆

引用元:Instagram

名前:ジャンルカ・ジノーブレ

出身地:イタリア・アブルッツォ

生年月日:1995年2月11日(21歳)

引用元:Instagram

名前:イニャツィオ・ボスケット

出身地:イタリア・ボローニャ

生年月日:1994年10月4日(22歳)

引用元:Instagram

名前:ピエロ・バローネ

出身地:イタリア・シチリア

生年月日:1993年6月24日(23歳)

ユニット結成まで

メンバーが14~15歳の時にオーディション番組『ティ・ラシオ・ウナ・カンツォーネ』でそれぞれがソロ歌手として出演しました。

そのときに番組のプロデューサーが3人でユニットを作ることを発案し、結成に至ったそうです^^

そして3人がイタリアの名曲「オー・ソレ・ミオ」を歌うと、

番組をみていた音楽会の大御所トニー・レニスの目に留まり、

1stアルバムのレコーディングへと進んでいったようです☆

トニーは、

「最初フェイクだと思ったよ。まさか3人の子供、14歳と15歳がまるで45歳のテノール歌手のように歌うとは!」

と語ったそうです。

オーディションを受けてそのままとんとん拍子でアルバムまで作ることになったなんて

本当に夢のようですよね^^

2019日本公演も!!

その後も次々にアルバムをリリースし、

ヨーロッパ、アメリカ、南米など世界各国でツアーも開催。

日本にも2017年に初来日し、

今年2019年にもライブが行われるみたいです!

スポンサーリンク

イルヴォーロの意味は?

“イル・ヴォーロ”は、イタリア語で“The Flight”(飛ぶこと、飛行)の意味で、世界に羽ばたき飛んでいく彼らのイメージからきている。

引用元:ソニーミュージック

イタリア語で『飛ぶこと』という意味だったのですね。

未来に向かっている様子が素敵ですね♪

この3人の魅力は、

テノール歌手としての誇りをもちつつ、より親しまれるような楽曲を作成しているという点です。

クラシック曲をアレンジして楽曲を作成していたり、

「ノッテ・ステラータ」はフィギアスケートの競技中に使用したことでも

話題になりました。

スポンサーリンク

羽生結弦もイルヴォーロの楽曲を使用!

羽生選手が北京オリンピックで使用した楽曲「ノッテ・ステラータ)星降る夜)」

それがこちら

とっても素敵な歌声です。

イケメンな上にこの歌声、ファンの方の気持ちが分かります^^

ちなみに、3人でユニットを組んで番組で歌った「オーソレミオ」の動画もありました☆

幼さの残る3人もかわいらしくて癒されますね^^

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

まだまだ若い3人ですが、素敵な歌声で世界を魅了しています。

日本でお目にかかれる機会もあるので

ぜひ生歌をききたいものです♪

これからの活躍に期待です☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする