アメリカ同時多発テロ(911)。赤いバンダナのヒーローって?

こんにちは。にこです^^

世界まる見え!特捜部で

911テロで多くの命を救った赤いバンダナの男

という特集が放送されます。

そこで、911テロの全容と、

赤いバンダナの男とはいったい

どんな人物なのかを見ていきましょう!(^^)!

アメリカ同時多発テロ

2001年9月11日

午前8時46分~午前10時28分の間

アメリカ合衆国内で同時多発的に発生しました。

航空機などを用いた4つのテロ事件の総称を

『アメリカ同時多発テロ』と呼ばれています。

航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、

全世界に衝撃を与えました。

また、その後はアメリカ合衆国は報復として

有志連合と組み、

アフガニスタン紛争やイラク戦争を行いました。

戦争につながるような大きなテロだったのですね。。

コチラが実際の被害があったビルの写真です。

最上段:旅客機の衝突で炎上するワールドトレードセンター
2段目左:ペンタゴンに突入した痕跡
2段目右:2機目の旅客機が激突し爆発炎上するワールドトレードセンター
3段目左:崩壊後のワールドトレードセンターと生存者の救出活動を行う消防士
3段目右:ユナイテッド航空93便の残骸
最下段:ペンタゴンに突入する瞬間を捉えた映像のコマ

アメリカ合衆国内で起きたテロ。

一度目はと二度目はニューヨーク

三度目はアーリントン

四度目はシャンクスヴィル

でテロが発生しました。

死亡者は2996人にも上り、

負傷者は6291人以上もいたといわれます。

911テロは旅客機のハイジャックで起こった

犯人たちは、4機の旅客機をほぼ同時にハイジャックしました。

彼らは操縦室に侵入し、

パイロットを殺害した後、

自ら操縦士2機をニュ―ヨーク・マンハッタンへ。

残り2機はワシントンD.C.に向かわせました。

そしてこのハイジャックされた旅客機がビルなどに突入し、

原型を留めないほどのスピードで突っ込んでいきました。

その旅客機に乗っていた乗客・乗員は全員死亡。

また、突っ込まれたビルなどにいた民間人も

多くの方がなくなり、

建物の崩壊や火災の煙に巻き込まれて死亡した人も

たくさんいました。

911テロでヒーローと呼ばれた

赤いバンダナの男とは一体?!

次ページへ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする